ロンドンおすすめの観光スポット ロンドンお得情報

【ロンドン・イギリス】アフタヌーンティー初心者必見のオススメ観光スポット

Pocket

イギリス、ロンドンの観光地紹介動画で、イギリス、ロンドンの定番アフタヌーンティーに行ってきました!!

今回紹介したお店
https://www.caffeconcerto.co.uk/l-kensington-italian-restaurant/

動画はこちら!チャンネル登録もよろしくお願いします。

今日の一言

日本と言えば緑茶、イギリスと言えば紅茶、中国と言えば烏竜茶など、国や地域によって愛されている茶葉が異なります。

人々の間でお茶が楽しまれるようになったのは、紀元前1世紀中国の漢の時代と言われています。この当時は「お茶」は「酒」と同等に扱われ、朝廷が客人などをもてなす際の飲み物として用いられていたそうです。

日本における最初の「茶」に関する記録が「日本後記」に残されています。中国の制度や、文化を取り入れようと奈良・平安時代の遣唐使などによってもたらされたとされています。

一方、ヨーロッパに「茶」の文化が浸透したのは、16世紀半ばと言われており、中国や日本に比べると歴史が浅いのが意外です。

ヨーロッパに「茶」を最初に取り入れたのは、オランダの東インド会社ですが、後の英蘭戦争によってイギリスは中国との貿易で優位に立ち、中国で製造されていた茶葉をイギリスの東インド会社が仕入れ、国内に流通するようになりました。

そしてこの時流通したお茶が紅茶に似た「武夷茶」と言われるお茶で、この茶葉の色が黒かったことから「Black tea」と呼ばれるようになったと言われています。

そもそも、緑茶と紅茶の違いはご存知でしょうか。

この違いは茶葉の違いではなく、製法の違いで呼び方が変わるそうです。私たち日本人が好む緑茶は、茶葉を発酵していません。

それに対し、紅茶は茶葉を完全に発酵させることによって作られています。

さ、なんていうアフタヌーンティーを頂いた時に得た雑学でした(笑)
新しいことを知れるのは、楽しいことですわ〜

シュート
チャンネル登録よろしくお願い致します🙏
より良い動画作りの励みになります。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ロンドンを拠点にする24歳の動画クリエイター。 国内大手企業にて4年勤務した後、イギリス・ロンドンへ留学。 そのままイギリスワーホリビザ(YMSビザ)を取得し、現地留学エージェントに勤務。 勤務中から現地情報を日本人留学生に伝えることが多かった為、「ロンドン観光」「イギリス留学」「イギリスワーホリ」「ヨーロッパ旅行」「海外生活」などに必要な情報を提供するYoutubeチャンネル「だぶだぶHoliday」を開設。 ロンドンに来る全ての人に有意義な情報を提供しています。