ロンドンからのつぶやき

【イギリスワーホリ落選】でも大丈夫!!イギリス行くチャンスはまだあるよ

Pocket

イギリスワーホリビザ
落選してしまった方へ

こればかりは、
お金を積めばいいというものでもないので、怒りや失望
など様々な感情を抱いているのではないでしょうか。

日本では残念ながら
こういう機会を利用して
商売をしようとする
イかれた人間がいます。

イギリスワーホリビザの
「救済処置」や、
「キャンセル待ち」ができると謳ってその手数料を取る
というビジネスのようです。

残念ながら、
イギリスワーホリビザには
落選者に対する救済処置や
キャンセル待ちのような
サービスはありません。

公式には発表されて
いませんが、
イギリスのワーホリビザは
倍率が20倍以上
とも言われています。

これはイギリスに
本当に行きたくて
仕方がなかった
Wa Horioのような人を狙った悪徳なビジネスです。
騙されないでください。

でも、皆さん大丈夫!!
1月の抽選で外れても
7月の抽選があるし、
来年1月の抽選もあります。
働けないかもしれないけど、日本人の場合は6ヶ月まで
ビザ無しで滞在することも
できます!!

抽選が外れてしまった
からといって、
自ら新たな自分に挑戦する
扉を閉じてしまうのは
本当に勿体ない。

慣れた環境で過ごすのは、
精神的にも楽だけど、
何か少しでも新たなことに
挑戦したい!外に出てみたいと思う人は絶対に
トライするべき。

世界地図を見て思ったけど、
日本ってとても小さい。
イギリスも小さい。
でもこうして小さな国を
自分の足で、目で見て
感じて経験することは、
あなた以外の誰にもできないことだから。

イギリスのワーホリが落ちても何の問題もない!!
日本人の僕たちは
本当に恵まれているから。
世界中に向けて
扉が用意されてるから。

扉を開けるかどうかは本当に自分次第。

でもこれだけは約束するよ!

世界は本当に広い!!

英語の良し悪しを細かく指摘する人もいるかもしれない。
僕の英語も長年留学している人に聞かせたら笑われるかもしれない。
でもそんなの気にして
扉が開けないのは勿体無い。
扉を開くのは自分自身で、
その人ではないから。

こんなことを言うと、
また日本の友達に
笑われるだろうな。
でも、海外で自分の思いを
語って笑われることはない。
むしろ自分の思いを
表現できない方が
恥ずかしいことだから。

これを見ている学生の人は、自分のやりたいことに正直にどんどんチャレンジしたら
いいと思います。
30歳を過ぎてしまって
ワーホリが申し込めなく
なってしまった人が
いても大丈夫!!

様々なビザを利用して、
海外に行ってそこで作った
人脈で仕事が手に入る可能性だって大いにあるから。

でも、やらないとゼロです。

僕はやり続けるよ!!
高校生の時、
初めてオーストラリアに1ヶ月住んで、情報の無さに本当に悩まされた。

バスも乗れない、
シャワーの使い方、ご飯の
頼み方も分からない。
「What’ up」って言われても返事が分からない。
だって学校では
「How are you??」
「I’m fine thank you」
しか習ってないから。
本当に何もかもが
分からなかった

でも今は、イギリスで本当に様々な国の人に出会って、
話を聞くことができて、
自分の意見も言うことが
できて、高校生の頃の
自分じゃ想像できない人生を歩めてる。

だから「知る」ことって
本当に大切。
「英語」を知るから話せる、「海外生活」を知るから
長く快適に住める、
多くの人と出会う
機会がある。

だから、知ってる僕が皆さんに伝えたい。
勝手に使命感に駆られている(笑)

絶対言われるよな〜ポエマーかよって(笑)

シュート
チャンネル登録よろしくお願い致します。
Don’t forget to subscribe!!

ロンドン観光、ロンドン生活、イギリス旅行、イギリスワーホリ、イギリス留学、ヨーロッパ旅行に関する分からないこと、不安なことはコメントや、ツイッター、インスタで質問してくださればお答えします!!
お仕事に関する依頼は、Instagramからお願いします!!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ロンドンを拠点にする24歳の動画クリエイター。 国内大手企業にて4年勤務した後、イギリス・ロンドンへ留学。 そのままイギリスワーホリビザ(YMSビザ)を取得し、現地留学エージェントに勤務。 勤務中から現地情報を日本人留学生に伝えることが多かった為、「ロンドン観光」「イギリス留学」「イギリスワーホリ」「ヨーロッパ旅行」「海外生活」などに必要な情報を提供するYoutubeチャンネル「だぶだぶHoliday」を開設。 ロンドンに来る全ての人に有意義な情報を提供しています。